白いスカーフ

 「鶴」「空」の話に引き続き、今回は関連の鬼気迫る内容です。

 空間 宙 飛翔 機動部隊 パイロット と来れば、航空史の認識は重要であります。存在領域の拡大は、陸 → 海 → 空 と進み、現代では宇宙開発の渦中です。日本のJAXAの実力は、世界のトップとも言え、国家間の抑止力として大いに機能しています。重力と酸素が2大生存因子とするならば、宇宙環境を識ることは、そのまま生命を弁証することに繋がるでしょう。異、コーチングにおける、過去に無い有意義知見の宝庫であることは、請け合いですが、未だその勢いは感じられません。ヒトが空に憧れ、身近な鳥類に学ぼうとする態度は古代からの慣習でありました。事実、鳥を表象したモチーフが、あらゆる文化財に残ることを診ても、その志向は強いものであった筈です。同時に、飛ぶことへの幾多の挑戦がなされましたが、熱力学による蒸気機関発明までは、果たされていません。動力飛行が実現する以前は、熱気球と飛行船の時代が続きます。それが具体的に叶うのは、ご存知、1903年のライト兄弟による「ライトフライヤー号」による有人動力飛行まで待つことになりました。時は正に、帝国主義の最中、第一次世界大戦前夜とも言える状況でありましたから、戦争という動機に後押しされ、航空機技術は長足の進歩を遂げることになったのです。ここでも、全ての文明営為は戦いの中に見出される、という法則を証明しています。エンジン プロペラ 複葉 単葉 といった開発要素の変遷と共に、軍隊内に「機動部隊」として編制されて行きました。日本も当然にその世界に投入し、日本刀の刀鍛冶の感性そのままに、世界的名機種開発を成しています。お馴染みの大日本帝国海軍「零戦:零式艦上戦闘機」は、その象徴になっています。当時の軍隊における、機動部隊の認識は多くの戦史が語るところですが、CAが薦める映画をご紹介します。それは、1949年に米国で作られた「Task Force:機動部隊」※主演ゲーリークーパー です。日本側から診れば、山本五十六大将 と 源田実大佐 の話が多くなりますので、敢えて、当時の敵国視点を識ることは、理解を深めることに繋がると思います。

ここまでの序章では、白いスカーフ???です。

次回に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − 4 =