認知神経運動学

認知神経運動学定義
認知現象の解明と環境適応、そして遺伝学が生命論の現代三大論点である。
発展・進歩と名の付く業績は、これらに関わること必定であろう。
今回我々が定義(位)しようとする領域は、正に”認知”であり、時代のキーワードの中心となる。
この現象こそ、多元難解の極みであり、せめてもの効果的説明を試みようとするとき、融合知に訴える以外の方法を識らない。
逆に言えば、知的冒険の格好フィールドとも出来る。
この獲得と喪失に直接関与する医療・リハビリ・福祉・介護の領域においては、外せない概念である。
しかし、その視線を健常者に向けてみると、体系的運用の未だ少ないことに気づく。
故に拓こうとする学は、健常者の運動学習行為への認知概念の応用導入学となる。
この啓蒙と拡大が、指導にまつわる知性を大いに引き上げることに貢献すると思われる。
探求の特長として、あらゆる世界の臨床知の集積を重視し、そこからの普遍則を帰納抽出する手法を取る。
同時に、東洋思想やユーラシア世界史という古代英知の復古、動物・遺伝学への介入、特には、日本・中国・インドを中心に形成されたであろう古武道修行課程を具体描写しながらの論考は稀有なものであろう。
そういった融合知への挑戦の意を、現代のルネサンスと表現したい。
この挑戦は、今拓かれつつある、認知神経リハビリテーション、金子明友先生が創設された、スポーツ運動学、旧共産圏の東独スポーツ科学への架け橋としてのコレスポ、そして知の巨人である高橋禎生先生(易経大家で古武道判官流当主) 等との関係の中で包括的に見出されて来ていることを付言する。

詳しくはこちら!

Training Clinic GYMNATION (ギムナシオン)

GYMNATION (ギムナシオン)とは
古代ギリシャにおける都市国家市民権資格確保に向けて、7歳~14歳までに受ける初等教育の場。
そこでは、知育・徳育・体育のバランスを重視した体験型教育がなされ、特に「神人同形主義」の背景から、神のような美しい身体を得ることを絶対的基準として、徹底した身体健全化教育を行った。
この文化を象徴する民族的慣習が、正に古代オリンピックの興りである。
ギムナシオンを直訳すると、「裸で鍛える」の意であり、現代日本での適切表現をするならば、「青少年心身訓練場」が相応しいと思われる。

詳しくはこちら!

Training Gymnastics (スポーツトレーニング体操)

Training Gymnastics とは
トレーニングルネサンスを標榜するCoaching Artsが、実践・提案する身体能力開発の為の体系法

この方法論を編むに当たり、その最大のキーワードは、動物回帰でありますが、同時に文化 戦争 思想 哲学 宗教 科学といった可能な限りの多角眼により迫ろうとするものであります。
一見、大袈裟に映るかもしれませんが、ヒトの歴史は時代が育む身体観により形成される、と云っても過言にはならないとした時、診てみたくなるのが心情でありましょう。
その心的勢いに任せ、耕した一つの成果となります。

忘れてはならない大前提は、自己の能力向上・改善を願い、それを現象化させることの出来る生物は、地球上でヒトだけである、という事実。
この不可思議さ、可変余地、柔軟性、自由度、そして夢の把持等は、万物の霊長たる主因となっています。
また、そういった極大視点から、今此処の臨床にフォーカスし、接近しえたヒトの能力開花のバルブ栓、その開栓法と言い換えることも出来ます。
その実態は、フィジカルという用語に代表される定量感性だけでは、推し量ることの出来ないものであり、せめてもの表現が定性、いわゆる質を問う世界になります。
ヒト存在における定性、これこそ認知の場です。

我々Coaching Artsは、近代スポーツパフォーマンスの基礎力構築に資する全身的認知力の獲得を目的とした身体トレーニング法を、新スポーツトレーニング体操と命名します。

Training Gymnastics 教室
こちらのページをご覧ください。
トレーニング クリニック ギムナシオン
https://coachingarts.jp/gymnation/index.html

Powered Language(パワーランゲージ)

Powered Language とは
身体言語力プログラム
ヒトの、ヒトらしい、ヒトならではの認知と言語の深い関係は、今更に申し上げることもありません。
しかし、この普遍則を、異、身体表現能力にあてはめて考えて見る時、オノマトペを越えた認識論や「わざ言語」との対峙が待っています。
そういった重厚なる言語哲学に対し、十全に依拠しつつも、眼前で日々繰り広げられる日本語生活を診ると、日本人の動作・行動、ひいては意識や感情、精神といったものと言語との間で、拭い去れない交雑状態があることに気付かされます。
このことは、思い付きではなく、脳科学の画像診断においても確認されていることです。
少し平たく申せば、言語が無いと身体が分からない、、、と言えるくらいのレベルであるということです。
当然に人類全般に言えることではありますが、日本語の特殊性はそこを更に引き上げていることになる訳です。

「文明の利器」なる表現がありますが、言語は最大最高の利器でありましょう。
我々Coaching Artsは、この利器を身体表現力の安定と向上に対し、観念論ではない具体方法論としての、身体言語力プログラム Powered Language を提唱します。

詳しくはこちら!

Bone-Pointing(ボーンポインティング)

Bone-Pointing とは
~からだが分かる こころが広がる 身体言語~
これからの指導・教育論理の中核となる”知覚と運動の一体化”を解釈タンクとしながら、その現象を古代~現代 養生~健康 武人~芸者 魚類~ヒト 深海~宇宙 遊び~訓練、といった往来に浸すときに、自然と浮かび上がる感情傾斜を形にした方法である。
直接表現するならば、身心能力向上で目指される感性を、認知の目で描き直した身体文法とも言え、心技体の解剖の象徴となる。

詳しくはこちら!

AMMA Conditioning (スポーツコンディショニング按摩)

AMMA Conditioning とは
継承正式名称は、按呑流按摩術。

日本古武道由来の養生施術法であり、歴史起源は鎌倉時代まで遡る。
仏教伝来と同時に出現した僧兵に、そのルーツを探ることができる。
同時に大陸へ眼を遣ると、印度仏教 ヨーガ 武術 の中に更なる発祥原点が確認され、ここにも文化伝播の足跡が見えてくる。
按呑という表現のままに、全身の呼吸循環動態、抗重力機制の不全を解消し、身心の再バランス化を促す。

術最大の特長は、「圧を以て圧を制する」如く、足圧の運用にある。
元来、按摩指圧は手指を中心に施すのが一般的ではあるが、当術はその接触面積、圧力の大きさの弱点を補って余りある効能を現す。

我々の提唱する AMMA Conditioning は、この古代より伝わるオリエンタルの養生術を、現代に復活させようとするものであり、伝承は尊重しつつも近代論理の眼を照射させ、再構成した施術法となる。

詳しくはこちら!