裏のオリンピック「ワールド・ノマド・ゲームス」

 古代オリンピック史1100年/近代オリンピック史125年の歴史の中でも、誠に稀有かつ重篤な開催障害を被っている日本国であります。その国際的開催意図は、古代~近代~現代と大きく様変わりして来ており、今に至っては完全なる「商業パフォーマンス大会」と化しています。こういった思想の動きは、そのままスポーツ文化の未来像を現し、創る身体観の背景を成してゆくものと感じています。国内特化で診るならば、”スポーツ道”から、”パフォーマンスライフ”への転換時期を迎え、取り組む側の意識や支援する側の態勢も変わりました。奇しくも、日本体育協会が、日本スポーツ協会へ改名したことも重なり、国家・国民共に準備OKであったところでのコロナ禍です。様々なる視点や意向の渦は承知しますが、単純に、一つピリオドを打つ、という意味での最低限開催は認めたい人間です。

 このオリンピック自体、欧州圏の文化慣習が出自であり、掘ればその重層性は枚挙に暇がありません。運動大会を開いて集団の意気を上げることは、いつの世もどんな地域でも行われて来ましたが、それはオリンピックに限らず、英国のコモンウェルス(※継続中)/ロシアのスパルタキアード極東選手権(※日本参加)等は、最たる歴史と言えるでしょう。そしてその全てが、経済と思想(※宗教含む)に演出されるという実態は変わることはありません。日々の埋没環境ではなかなか持てない視点かもしれませんが、オリンピックとした時こそ、再認識機会だと思います。

 今回にご紹介したい内容は、表題にも掲げました『ワールド・ノマド・ゲームス』であります。以下、wikiの添付です。

国際遊牧民競技大会(こくさいゆうぼくみんきょうぎたいかい、キルギス語: Дүйнөлүк көчмөндөр оюндары、英語: World Nomad Games)、ワールド・ノマド・ゲームズ[1]、中央アジアで行われるエスニックスポーツに特化した国際的なスポーツコンテスト。参加国は、キルギスカザフスタンアゼルバイジャンウズベキスタントルクメニスタンタジキスタンロシア連邦(特にサハ共和国ブリヤート共和国アルタイ共和国カルムイク共和国バシコルトスタン共和国など)の旧ソビエト連邦構成共和国や、モンゴルトルコアフガニスタンフィリピン[2]アメリカ合衆国が挙げられる[3]。伝統競技の保存と観光事業の促進を目指して開催されている。

 上記のとおり、中央アジア伝統文化競技会であり、2年に1度、各地持ち回りで行われています。種目は、大陸遊牧生活で必要とされるあらゆる術が採用されており、馬/格闘/弓が中心になっています。その一つ一つを丹念に診れば、大陸で生きる姿が如実に感じられると同時に、近代スポーツ種目の原形も多く散見されます。また、中央アジアは、現代に繋がる文化文明の東西交流を支えたシルクロードの舞台でありますし、有史最大の世界帝国を成した元(:モンゴル)の母なる大地なのです。今でこそ、先進国家群に押されており、勢い「裏」と書いてしまいましたが、人類史上では「表」であった時代も長かった地域です。当然に我々日本人への影響も、陰に陽に染み渡っているのです。その意味で申せば、スポーツ・体育の歴史を世界的に捉えようとするならば、一大エリアとしてその材を認識してゆく必要があります。しかし過去から今までに於いて、欧州圏への傾倒ばかりで、この地域の文化の輸入は欠損状態とも言えるでしょう。唯一、現日体大理事長である”松浪健四郎”氏が手掛けていますが、志半ばなのかもしれません。今回ワールドノマドゲームスをご紹介した意図は、そこへの啓蒙も含めてのことです。

 総じて、「人類史とその身体観の歴史変遷」なるテーマを掲げ、その深奥に迫ろうとするには、少なくとも、欧州圏/中央アジア(※ロシア論は残る)/インド/中華/日本/アメリカ の6エリアを視野に入れることをお伝えしたいと思います。その豊富な視点は、指導感性を大幅に飛躍させる筈です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × two =