Powered Language(パワーランゲージ)

Powered Language とは

身体言語力プログラム

ヒトの、ヒトらしい、ヒトならではの認知と言語の深い関係は、今更に申し上げることもありません。しかし、この普遍則を、異、身体表現能力にあてはめて考えて見る時、オノマトペを越えた認識論や「わざ言語」との対峙が待っています。そういった重厚なる言語哲学に対し、十全に依拠しつつも、眼前で日々繰り広げられる日本語生活を診ると、日本人の動作・行動、ひいては意識や感情、精神といったものと言語との間で、拭い去れない交雑状態があることに気付かされます。このことは、思い付きではなく、脳科学の画像診断においても確認されていることです。少し平たく申せば、言語が無いと身体が分からない、、、と言えるくらいのレベルであるということです。当然に人類全般に言えることではありますが、日本語の特殊性はそこを更に引き上げていることになる訳です。

「文明の利器」なる表現がありますが、言語は最大最高の利器でありましょう。我々CAは、この利器を身体表現力の安定と向上に対し、観念論ではない具体方法論としての、身体言語力プログラム Powered Language を提唱します。


Powered Language セミナー

  • 2019年8月18日(日) 午後 13:00-16:00(180分)
    ことば コトバ 言葉 が拓く 人間パフォーマンス

    AI花盛りの昨今ですが、未来も益々にその傾向は拍車であろうと想われます。
    その研究のカウンターサイドは当然に「人間認識」の一言に尽きますから、同時並行的に人間性探求の領域も引き上げられるでしょう。
    その視点は応用的に浸透し、スポーツ世界もその渦中に巻き込まれます。
    いわゆる、脳と認知、がこれからトレーニング創造する中での中心テーマとなってゆく訳です。
    ヒトの認知性の象徴は、疑うこともなく「ことば コトバ 言葉」であります。この現象が、ヒトの為すあらゆる行為・行動・動作・運動・活動、ひいては学習性に機能的に地続きで影響していることが、最近の脳科学で確認されて来ています。
    今回は、ヒト・脳・認知・言語 そして、パフォーマンス の繋がりを実感し、皆さんと共有確認することを企図しています。
    含めて同時に、我々の標榜するPLP(powered language program)をご紹介させていただきたいと思います。
    定員:10名
    料金:21,600円(税込み)
    お申込みはこちら⇒https://coachingarts.jp/application
    (銀行振込・クレジット支払いの前払いとなります。)
    場所:正道会館 本多道場 本八幡本部
    〒272-0021 千葉県市川市八幡4-5-10