ユーラシア史と動物 2

世紀の祭典、第2回東京五輪の前年に、元馬術の日本代表であり、JOC会長という重責者の汚職容疑による辞任劇を皆さんはどうお感じでしょうか?

一口に馬術と云っても、その仕方は様々。近代五輪に採用されているカテゴリは、元来ガリア貴族が定位した内容であり、乗り方の作法や動作の精密性が競われるものである。しかし馬術にまつわる種目の変化も大きく、戦前(1936年昭和11年)のベルリン五輪(別称ヒトラー五輪)の時代には、戦争を反映し”障害遠乗り”の技能を問うものもあり、参加選手の殆どが軍人であった。言うなれば、戦いの道具、否、戦いの相棒、といった側面が最も的を得ている関係性とできる。日本陸軍史を紐解けば、「愛馬行進曲」という軍歌が愛唱されて来ていることはご存知の通り。

日本の近代陸軍における騎馬隊創設の象徴といえば、秋山好古陸軍大将が名高いが、当時最大の国家的苦労は何であったか、、、少し時間を取るので皆さんにも想像していただきたい。

3分後

その苦労は、大陸の陸戦で使える脚力、体格を備えた軍馬の入手確保であった。日本列島に生きる固有種は、現在のポニーに等しく、とても近代の激しい陸戦に耐えるレベルではなかった故、大陸での大々的な買い付けによる頭数確保は、至上命題となっていた訳である。日露戦役の勝因はもちろんに対馬沖海戦が主因であるが、以後の陸戦を支えた馬の活躍も決して見逃せない。一つ蛇足(いやディープな知見?)を申せば、この馬の買い付け事業と戦後の我々日本人のお茶の間飲料”カルピス”誕生は、深い関係で結ばれており、カルピスを意訳すると、”馬乳酒”となる。なんとなくニンマリしてしまうのは、読者共通の感覚であろう。更に言うと、馬乳酒文化のルーツは「元」チンギスハーンに始まる、としてユーラシアに戻ることとしたい。

ユーラシアを舞台にした人類史上初の世界帝国の実現、これこそが元チンギスハーンの功績を正当に表現したものと言えるであろう。所謂、ボーダレスの元祖である。馬の話とも当然に密接であり、世界帝国を成し遂げた力の源泉は、最強騎馬軍団の編成と運用以外のなにものでもない。ユーラシア史と動物を語る上での中核の登場である。

ユーラシア史と動物

大陸という舞台での、人間文化・文明の発展を診るにつけ、動物との関係は深まるばかりである。ヒトも動物…と言えばそれまでだが、今回は相棒として見た場合の話である。相棒としての筆頭トリオ、それは何疑うことなく 羊 犬 馬 であろう。全てに由来はあるが、トリオのなかでも、馬 を取り上げてみたい。進化 遺伝 生物学上の定義は学術界に譲るとして、CAとしての解釈は、「平原における四足動物の疾走能力に特化し、最高度に進化適応した形態と機能を持つ科」とできる。そういった性質ゆえ、人間生活の3側面(農耕 移動 戦争)でのヒトの非力さを補ってきた役割は絶大といえる。文明化への歴史のなかで密接に寄り添っていた訳である。逆にいえば、馬も安定して食べる為、とも言えなくはない。そういった様相を如実に現す言葉も多く残っており、馬力 人馬一体 天高く馬肥ゆる秋 等、挙げれば際限はない。正に、生活の基準になっていたのだ。

人間生活の最高の助っ人「馬」の象徴能力、疾走性を唯一評価点とし、併せてヒト特有の遊び心(投企性)をくすぐる世界、これこそ競馬の真骨頂となる。ちなみに、競馬の最高峰G1におけるマイルレース、この1.6㎞が馬の速度持久力の限界距離であることをご存知であろうか。動物界最速、といわれる由縁も納得である。そしてその疾走を可能にする四足歩法が、ギャロップ(襲歩)☆となる。

☆襲歩とは、四足動物の体肢操作法の中で、速い移動に最も適応した脚(足)捌き法

”速さこそ馬 馬こそ速さ” ヒトが最も依存して来た側面も正にそこにある。速さの利用、それはそのまま「乗る」ことに繋がる。乗馬 騎馬 ~ 馬車を用いる慣習の登場となり、再びコーチへの接近である。古代ギリシャのギムナシオンでは、次代を担う青少年教育の中核カリキュラムに坐していたことも事実であり、重要性が垣間見られるであろう。近代オリンピックに乗馬術が残ることも、最大の証になる。

歴史に想う

とめどない時空の流れ としての歴史

宇宙開闢より、回転は止まることを知らない。どこまでを以って、歴史とするのか、線など引きようもない。そうなのである。全ては流れ続けており、途切れることはない。故に、歴史とは流れそのものであり、定点観測した瞬間に実態から遠ざかる。

流れとしての現象を  story  ストーリー  物語 と言い、大河を鳥瞰しようとする試みを、hi (high) story = history  という。その意味で、全感覚を時空の流れに埋没させた時、初めて臨場感を持って歴史を理解しうる。正に”丸まま感じる”という、ヒト共感覚性の真骨頂が必要となる。少なくとも、マークシート 空欄補充 一問一答 の中には、歴史の実態を掴むキッカケは見いだせない。

引けない筈の線を引き、人類史なる領域をこしらえようとすると浮いてくる普遍則。

それは、弱肉強食 戦争 嫉妬 が、歴史を動かす起爆エネルギーであるという実態。 なんともはや/////

大陸眼形成3

「語源探求」

日常、当たり前に使われる慣用語に取り囲まれて生きていますが、その表現が創られて来た背景を識るにつけ、言語世界の奥深さと人間知の構造に感じさせられます。今回は、テーマの大陸眼にまつわる代表名称の語源探求をしたいと思います。

文化文明の揺り籠であり、世界最大の大陸、その名はユーラシア。この語源と言いますか、解字(語)をしてみたいと思います。

ユーラシア

ユーラ シア

ユーロ アシア

ヨーロッパ アジア

となり、ヨーロッパからアジアに至る意を含ませた合成語ということが分かります。続いて、ヨーロッパとは何故にヨーロッパなのか。少しの歴史を紐解きますと、ローマ共和国建国から遡ること約500年。地中海世界は、ギリシャとフェニキア(現シリアの位置する地に存在した海洋国家)の二大勢力により統治されていましたが、そのフェニキアの王女名がエウロベであったことに由来する説が有力です。今となっては、当たり前のヨーロッパ、何故か抱かせられる、憧れのヨーロッパ。現在にも続く礎を築いた、その人。名は、ジュリアス シーザー。この歴史に名を遺す名将が、古代ローマ帝国の国土基盤を完成し(BC50前後)、覇権を地中海を取り巻く全域に行き渡らせた張本人です。ヨーロッパを創った人と言っても過言ではないでしょう。そして、当時に形成された民族(氏族)差を越えた統合の精神こそが、二度の世界大戦を経てすら堅持される、ヨーロッパ諸国の拠り所です。EC EUに連なる歴史は、それを如実に物語る訳です。

この現象をCAとしては、ローマンシンドローム と名付けることとします。

「歴史を識らずして、今が分かることはない」 その通りでしょう。

残るはアジア。アジアに関しては、解釈や定義が極大化しており、結論収拾は難しいと言わざるを得ません。語源はラテン語(イタリア発祥)であり、含意はオリエントとほぼ重なることになります。ユーラシアを二極で捉えつつ、その交雑を診ると、その中に日本文化の原型が透けてきます。

大陸眼形成2

東や西と云うけれど・・・

ユーラシアに生きることへの共感力を強化しようとするとき、押さえるべき点があることは間違いないでしょう。ではその点とは何か?このテーマはブログの大事な目的の一つでありますから、今回も紐解きを始めたいと思います。

読者の中には、『ひょっとして世界史か、、、」と予見された方もいるかと思いますが、決して高校世界史が抱かせるイメージと混同なさらないことをお奨めします。

さて、使い尽くされた言葉としての、”西洋”、そして”東洋”。はたと、その実態に想いを遣ることは少ないことでありましょう。そこで、この厳密な定義から入りたいと思います。その為のせめてもの必須ツールは、世界歴史地図です。その理由は、大陸の場所 地名 領域 時代 事件 等を時系列+二次元でマッピングしてゆくことが最有効だからです。

『果たして、何が西洋で何が東洋なのでしょうか?』

存在なくして作用なし、とした時にはまず通らねばなりません。

α 地理上の基準

バルカン半島以東 = 東

バルカン半島以西 = 西

β 典型的ラテン語表記

東方(東洋) = オリエント(日が昇る方角)

西方(西洋) = オチデント(日が没する方角)

γ 解釈と見識刷新

αβを解釈すると、古代ローマを中心とした地中海に暮らす人々にとって、オリエントは太陽が昇ってくる方角である、と同時にあらゆる文明化のキッカケを伝えてくれる・・・正にオリエンテーションであった訳であります。逆に回れ右をして、我が同胞を見れば、オチデントのそれは太陽が沈む方角であると同時に、文明を享受するのみの地域であった訳であります。少なくともそこには、水が低きに流れるように、オリエントへの羨望の念が働いていたでありましょう。「全ては東方より来る」、誇らしく感ずるのは私だけでしょうか。

唯一残る重要点は、東と西を分ける線をどこに引けるか、という問題です。CAの視点から申せば、その答えは前述の通りギリシャをオリエントに含めることになります。意外に思われる方もあるでしょうが、ギリシャとオリエント域の交流史を積めば積むほどに、そうせざるをえないのが実情です。この辺りの詳しい解説は別の機会にさせていただきます。

ここまで来ますと、皆さんの東西認識に刷新が起き始めているのではないでしょうか?今まで、東洋と称して何を思い浮かべていたでしょうか、東洋医学と言って何を当てていたでしょうか。この史実を識ったからには、少なくとも遥かバルカン半島までの世界に眼を向けてゆく必要が出てきた訳です。バルカン半島 小アジア エジプト 中東 インダス 中華・・・。これら全てが東洋に組するのです。さあ、一見の日本的常識が覆されつつある今、西洋と東洋をどのように使い分けて行きましょうか?

大陸眼形成

逍遥 #2

地政学と申しますが、ヒトの生存拠点の特性が及ぼす活動成果への影響を云々するのも今更でありましょう。
どの世界に生きようとも、「生命は環境の申し子」、の言葉の通り、有効性も限界性もそこに規定される訳です。
その眼を持ってあらためて日本国、日本列島を眺めて診ると、”極東の島国”という属性を再認識させられます。
この環境こそが、日本文化醸成の源泉であることに疑う余地はありませんので、貴重この上なしです。
地震と台風は避けられないタンコブではありますが・・・

今回この話を持ち出すのは、外でもなく、自然の要害である日本海が作ってしまう、大陸文化、民族との没交渉に注目したいのです。
単民族(これからはハイブリッド時代?)、平和安寧は是としても、大陸での戦争と移動を中心とした揺籃経験の欠如は、人間的感性の偏りに繋がっているのも事実であります。
悪く表現するならば

「島国根性」

となるでしょうし、日本人ほど自国を識らないと揶揄されてきています。
この事態は環境だから仕方ない・・・
とも出来ますが、中世の世界帝国”元”が創造したような、ボーダレス一途時代の中で、その弱点を見過ごし続けることはもう終わりにしたいと想うのです。

これこそ、「日本人の知的アキレス腱」と名付けます。

今我々が手にしたい弱点への絆創膏、それが掲げたところの”大陸眼”です。
平たく言い換えると、”ユーラシアより日本を眺める眼”となります。

事実、日本文化と言いながらも、その出典は全て大陸由来であることに気付く訳です。
やや飛躍した感もあるかもしれませんが、眼前の指導感性の飛躍の言葉通り、日本海を飛び越えた俯瞰力はどうしても持ちたいのです。

一つの具体例を挙げますと、コーチ(coach)の語源は、古代ローマ帝国にあり・・・と識る時、同時に、地中海に生きる、という境涯に想いを馳せる縦横無尽なる感性といえば的を得ていると思います。

この大陸眼形成という言葉、行為を正面から捉えていただいたCoaching Arts読者に、その日本に居ながらの形成法をお伝えします。

★一定評価のある作者の手による、大陸を舞台とした史実に近い著作物に、臨場感を持って多く親しむこと。

推薦作者 塩野七生 (日本人で唯一イタリア文化勲章受章 イタリア在住)

(→旅行や研修、留学で海外に行くことは唯一無二ではありますが、事前の背景認識の状態によって、この価値は数倍に上昇します。)

「逍遥」

ブログ逍遥を始めるに当たり、初回はその主旨を書きます。

Coaching Artsの目的を想うとき

「指導感性の飛躍を如何に果たすか?」

この事に最大の興味と関心が向けられる訳です。

お読み下さっている皆さんも認識されている通り、ある領域の知識、その世界の経験だけでは当然に飛躍、、、とまでは到達し得ないのは人間的事実です。

ではせめてどうすれば”内発的な感性の爆発”に迫ることが出来るのか?

その問いへの、Coaching Artsからの最善の提案キーワードが、正に”逍遥”という行為なのです。言い換えますと、目的へ向けた散策、、、ということです。

そうなのです。「何だ、散策かよ!」、なのです。

今の世相で診れば、一対一の対応で即検索を掛けたくなるのが正直なところですが、真理への接近法はその真逆にあるのです。

デジタル 対 アナログ とも出来ることです。

そんな法則性を踏まえつつも、皆さんに全人的逍遥を薦めます。
ただ、膨大なる太平洋へ、自力 手漕ぎ 海図・磁石無、での船出(散策)は、あまりにも危険が伴いますから、せめてもの堅固な渡り舟(洋上ガイド+強化モーター装着済)を共有しよう、という性質のものです。

そしてその先に得られるであろう現象を諺を借りて表現すると、「井の中の蛙 大海を識る」となるでしょう。これは当然に自戒の念を抱きながらの伝達です。

この現象は、少なくとも目的とする感性の飛躍に直結し、それを迎えた人間は皆一様に、快 充実 豊かさ を感ずることになるからです。

これこそ、逍遥が誘う感性の爆発、となる訳です。

次週以降、どのような洋上回廊を進むのか。

貴方はこの舟の前から何番目の席に座りますか?